「ほっ」と。キャンペーン

俺はスイ。
by koshigayaliving
<< Link >>
以前の記事
カテゴリ
タグ
(503)
(258)
(153)
(142)
(115)
(105)
(81)
(76)
(60)
(60)
(52)
(48)
(44)
(42)
(35)
(31)
(23)
(10)
(10)
(8)
ブログパーツ
ライフログ
<   2008年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ジャンク Black Sabbath / Sabbath Bloody Sabbath
5thですね。
安く売っていたので買いました。
初期の頃よりもアクが抜けて聞きやすくなった感じはします。
聞きやすくて良くまとまっている感じがします。

オジーの歌が無理にハイトーンを搾り出している感じがありますが、1曲目からカッコ良い。
独特のハムバッカーのパンチのある音。
初期の頃のようなドロドロしたリフの部分もありますが、雰囲気の違う部分も混ざっていて・・・でもNever Say Die!とかほどポップでもなく。

惜しいのはベースをもっと目立たせても良いと思いますけどね。
ブリブリしたベースって曲の中でも結構良い位置を占めていたりとか。
[PR]
by koshigayaliving | 2008-05-31 22:25 | 音楽
ジャンク Bad Moon Rising / Bad Moon Rising
Night Rangerと同時購入。
この頃のダグアルドリッジはザクザクしたギターでコレはコレで聞いていて気持ちが良かったですね。
2ndのBloodってアルバムはリアルタイムで買ったのですが、今回は1st。
その後に出たベストアルバム的なものもあるので、曲はほとんどかぶり。

この頃はダグアルドリッジがJacksonの広告に出ていたんですよね。
リバースヘッドのオリジナルカラーのモデルをメインに使っていて。

リバースヘッドってのがなかなかカッコ良い。
BMRの頃はジャクソンを使ったような音がしています。
ハイゲインでちょっと歪みすぎくらいのセッティングでミュートをキツめにかけた音。
当時のジャクソンならではのちょっと高出力なピックアップ音。レスポールとかでは出ない音です。
アルバム的には、キラー曲はないですが、この音が好きな人には結構クセになる感じでしょうね。
[PR]
by koshigayaliving | 2008-05-30 20:59 | 音楽
ジャンク NightRanger / FEEDING OFF THE MOJO
昨日新宿方面に行ったので、新宿のユニオン。
探していたナイトレンジャーのラスト1枚を発見。

聞くとまあ良い曲だし、ブラッドギルスの音だし・・・悪くは無いのですが、やっぱりメンバーがね。
オリジナルメンバーが2人しかいないらしいと。
ナイトレンジャーはキャラの濃い2人のギターであってほしいと。

良い曲だし、骨太な感じのロックで悪くは無いのですが、ナイトレンジャーじゃないなというのが残念なところ。

まあとりあえずスタジオ盤の10枚はコンプリートしたので良かったかな。
[PR]
by koshigayaliving | 2008-05-29 21:04 | 音楽
女性ZEPカヴァー・バンド?
ネットニュースを見ていると
----
女性ZEPカヴァー・バンド、レズ・ツェッペリンのデビュー作が日本発売決定
 海外盤は昨年夏に発売されていた、女性4人からなるレッド・ツェッペリンのカヴァー・バンド、レズ・ツェッペリン(Lez Zeppelin)のデビュー・アルバム『Lez Zeppelin』(写真)が、いよいよ日本でも発売に。日本盤(CTCR-14584)は7月9日リリースで、日本盤のみのボーナス・トラック追加も計画中・・・云々。
----
CDジャーナル。

カバーバンドがCD出すというのも珍しいですが、「本家の手癖までをも再現」とも書かれておりますので、なかなか興味がありますね。
なにやら値段が1500円だそうで、買ってみようかね。
[PR]
by koshigayaliving | 2008-05-27 22:15 | 音楽
バンドに挫折した人、もう一度チャレンジしませんか?(温泉付きで)・・だって
-----
バンドに挫折した人、もう一度チャレンジしませんか?(温泉付きで)
「楽器挫折者救済合宿」をご存知ですか? 最初の開催から今年で5年目を迎え、参加者総数はのべ870人を超える・・・・云々。
その人気ツアーの特別合宿として、神奈川県の南足柄市を舞台に、大自然と音楽、そして温泉を3日間満喫できる『楽器挫折者救済合宿in 南足柄 温泉スペシャル!』の開催が決定・・・云々。
-----
以上Barksより

面白い企画もあるものですね。
学生の頃は合宿なんて良く行きましたが、やっぱり楽しいですよね。
夜な夜な大酒飲みながら楽器を鳴らして。
学生の頃だから出来たことなのか・・・・
[PR]
by koshigayaliving | 2008-05-26 21:35 | 音楽
角質クリア
買ってみた。
f0116832_1949266.jpg

土曜に何気にTVを見ていたら、足裏エステ?的なものが紹介されていた。
電気ヤスリ的なもので足裏角質を削っていたのだが、思いのほか気持ち良さそうに見えた。
結構かかとや指の付け根など硬くなっている部分があるのでコレがなくなると気持ち良いだろうと想像しながら。

調べてみると家庭用でも売っているよう。
角質リムーバーとか言われているようで。
近くの電気屋で早速買ってきた。
電池で動く電動ヤスリ。

風呂上りに試すと、結構削れる・・・・一度にやると足が痛くなったりしそうなので、初回は自粛して軽めに試した。
でも結構足が軽くなりました。
おすすめ。
[PR]
by koshigayaliving | 2008-05-25 20:05 | 日記
The 名盤 Michael Schenker Group / ASSAULT ATTACK
f0116832_1702018.jpg
3枚目はコレ。
黙示録。
グラハムボネットが入っています。
1曲目から相変わらずの血管切れそうなシャウト。
暑苦しい。

曲は1st、2ndに比べると多少ポップな感じになったんでしょうか。ギターがいくらかオフ気味。ソロも全体的に短め。
一見グラハムの歌がリードしている感じもしますが、よく聞くと歌とギターが良く絡んでいます。

「黙示録」というと思い浮かぶのは映画の「地獄の黙示録」ですが、こちらは「ASSAULT ATTACK」、映画は「Apocalypse Now」。
両方とも黙示録。
細かな違いは分かりませんが、映画のほうは凡人には理解しがたかったのですが、こちらの音楽はわかりやすい。
[PR]
by koshigayaliving | 2008-05-24 17:11 | 音楽
The 名盤 Michael Schenker / M.S.G
マイケルシェンカー名義のセカンド。
f0116832_20301027.jpg
初期の3部作?的アルバムが名盤であることが多いですが、マイケルシェンカーもたぶんにもれず初期の3枚が好きでよく聞いています。

このアルバムではコージーパウエルが叩いているんですよね。相変わらず音圧が強くて、ハイハットの音に特徴があります。存在感ありますね。
代わってマイケルシェンカーの存在感は1stより落ち着いた感じ。

相変わらずこの乾いたハムバッカーの音は。JacksonとかIbanezとかのメタルギターでは出ない音。ギブソンの音ですね。
最近はGibsonではなくDeenのVを使っているようですね。

このアルバムのLooking for Loveとか、1stのInto The Arenaとか、マイケルシェンカーは3連譜リズムがウマい。3連リズムに良いメロディを載せて良い曲になっています。


邦題は1stの「神」に続き、2ndは「神話」。
これも笑うところでしょうか。
[PR]
by koshigayaliving | 2008-05-23 20:36 | 音楽
The 名盤 Michael Schenker Group / The Michael Schenker Group
新譜も出るということですが、やっぱり昔のヤツが名盤だったりします。
f0116832_2135419.jpg
マイケルシェンカーはとりあえずコレでしょうね。ソロの1作目で1980年。もう28年も経ちますね。
ギブソン系の乾いたハムバッカーをドライブさせた音で、変な加工なし。
アタックの音とか巻き弦が揺れる音、まさにエレキギターの音。
1曲目のリフからヤラれます。
ギターに氣が入っているので相対的に歌がちょっと弱いかなと思う気がしますが、それも良いんでしょうね。

タイトルはバンド名そのままに「The Michael Schenker Group」
でも邦題は「神 ― 帰ってきたフライング・アロウー 」。
「神」ってのは笑うところでしょうか。
[PR]
by koshigayaliving | 2008-05-22 21:44 | 音楽
驚愕の新譜+来日決定
---
孤高のスーパーギタリスト、マイケル・シェンカーが8月に来日を果たす。

今回の来日公演は、5月21日に発売される2年半ぶりの新アルバム『IN THE MIDST OF BEAUTY』のリリース公演<“Midst in the Beauty”JAPAN TOUR 2008>となる。このアルバムはMSGの初代ヴォーカリストのゲイリー・バーデンを筆頭に、ニール・マーレイ、ドン・エイリー、サイモン・フィリップスなどの黄金というべき超豪華メンバーを迎えて制作された驚愕の1枚。マイケルらしい泣きのメタルギターがたっぷり詰め込まれており、そのスリリングな展開は往年のファンをうならせることは・・・云々
---

そういえば”神”が新譜を出したらしいと。
相変わらず”ワウの中踏みの音”というのは分からないけど・・・これは買わないと。
Michael Schenker Groupとか聞くと、ストレートなハムバッカーの音に惚れ惚れしますが。
[PR]
by koshigayaliving | 2008-05-21 23:58 | 音楽


検索
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧