俺はスイ。
by koshigayaliving
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<< Link >>
以前の記事
カテゴリ
タグ
(503)
(258)
(153)
(142)
(115)
(105)
(81)
(76)
(60)
(60)
(52)
(48)
(44)
(42)
(35)
(31)
(23)
(10)
(10)
(8)
ブログパーツ
ライフログ
<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
The 新譜 Winger / Ⅳ
遅ればせながら本日買いました。
名前のとおり、Wingerの4thアルバム。

f0116832_2258479.jpg

13年ぶりに再結成してのアルバムだとか。
Wingerも80年代にヒットしたアメリカのロックバンド。高校生の時に聞きましたが、なかなかテクニカルかつエモーショナルで結構好きだったんだけどね。

最近80年代のロックバンドの再結成などが目立っていますが、多くは昔の感じとは良くも悪くも変わっていたりで、昔のアルバムの雰囲気を期待するとちょっと期待はずれだったりするもんです。
音楽を聴くと、その曲をよく聞いていた時期を思い出したり、そのときの気持ちを思い出したり(高校生の時に聞いていた曲を聞きなおすと、高校生活の記憶や感情を思い出すとか)するものです。昔のアルバムを聞くときはそういうのを期待することも多いのですが、再結成アルバムではそういうのはなかなか期待できない場合も多いですね。まあ大抵は10年以上の空白期間は大きいということでしょうか。でもこのwingerの新譜はなかなかの評価のよう。早速明日の通勤からipodへ。
[PR]
by koshigayaliving | 2006-11-30 23:07 | 音楽
今日の友
先日、ひょんなことから手に入れたおビール。
#ウチではビール様に敬意を払って「おビール」と呼んでいます。
f0116832_21154550.jpg

キリンの一番絞り1リットル缶を複数本。
通常は発泡酒なのですが。
昨日もいただきましたが、今夜もいただきます。
やっぱり発泡酒とは味・満足度および充実感が違います。
第3のビールとかいうのは問題外。あれは明らかなフェイクですね。


ところでキリンからは家で使える生ビールサーバが発売されている様子。
以前友人宅でご馳走になったことがあったけど、なかなかよろしい。
見つけたら買おうかと思っているけど、なかなか売ってないんですよね。
[PR]
by koshigayaliving | 2006-11-29 21:19 | 日記
マツケン
人によっては4連休という人もいて・・・電車もとびきり混んできたような気がします。
今日は雨降りで寒かったですね。
朝出勤時に冷えたのか、会社ではくしゃみ&鼻水がとまりませんでした。
おかげで1日上着を着てました。
とりとめもない1日ですが、ネットで見つけたニュース。

マツケン、海原雄山で新境地に挑む…ドラマ「新美味しんぼ」・・・だそうです。
サンバが下火になって以来、あまり拝見していなかったマツケン。
いつのまにか海原雄山になっていましたとさ。
来年1月放送予定の特別ドラマだそうですが、このシリーズがすでに過去5回も続いているのがビックリ。
[PR]
by koshigayaliving | 2006-11-27 22:23 | 音楽
神 Jimi Hendrix / BBC Sessions
神!
(いまさらですが・・・)
1967年頃のイギリスBBC放送のラジオ向けのLive録音の音源をCD化。

f0116832_21155497.jpg

初めて聞いたのは大学に入ってすぐの頃。
最初は正直、この良さ、すごさがあまり理解できなかった。
なんとなく有名だし、有名なロックミュージシャンがそろって名前を挙げていたので、とりあえず中古で買ってみた・・・という感じだった。
大学の頃、コピーバンドで何曲かはコピーしたけど、その程度。

良さが分かりだしたのは大学を卒業してから。やっぱりすごいね。バンドの一体感は強烈だし、何よりギターの音がすごい。一音一音に魂が入ってます。
よく写真ではすごい顔してギター弾いているJimiHendrixが写っていますが、顔から音に魂が入るのかね。
f0116832_21174160.jpg
このアフロなんてコントみたいだしね。

早死にしたのでオリジナルアルバムは3枚くらいしかリリースしてないのですが、企画物やベスト盤的アルバムはいまだに多数リリースされます。
中でもこのアルバムは2枚組で良い曲が多数入っているし、通常のスタジオアルバムにはない緊張感も伝わってきてお勧め。
[PR]
by koshigayaliving | 2006-11-24 21:18 | 音楽
Beaujolais Nouveau
遅ればせながら今年も買いました。

f0116832_1772737.jpg


今年はセブンイレブンにて買いました。
まあそれほど味もわからないので、こだわりはないのですがなんとなく毎年買っています。
味のわかる方、ワインに詳しい方、その他美味しんぼ的な方にはボジョレーヌーボーなんて味のわからない人のバカの一つ覚えと言われそうですが・・・・

今年は昨年よりもちょっと値上がりしている気がします。ユーロ高が影響しているんでしょうかね。メルセデスベンツ他ヨーロッパの車が値上げをしたそうですしヨーロッパからの輸入品が全体的に高くなっているのでしょうか。

まあ今夜はこれを呑みつつテレビを見る予定。
[PR]
by koshigayaliving | 2006-11-23 17:14 | 日記
The 名盤 Loudness / DISILLUSION 撃剣霊化
今日は祝日。やっぱり祝日が1日でもあるとその週の心の豊かさが違いますね。
寒いのであまり外にはでないけれど、そんな休みの午後に聞く曲。

f0116832_15451118.jpg

1984年のアルバム。日本のロックバンドで海外で勝負できるバンドってラウドネスくらいじゃないでしょうかね。海外ロックバンドの曲をパクったり、楽器の演奏もできないバンドが多い中で、曲・演奏ともにいわゆるフェイクではなく、数少ない「本物」です。海外の有名ロックミュージシャンにも大きな影響を与えたとか。

最近のラウドネスはアルバムを聞いたことがないのでわかりませんが、初期のアルバムは名盤ぞろいで3rdアルバムの「魔界典章」とか5th「Thunder in The East」なんかも良いですね。

1stからこのアルバムまでは荒削りな感じもありますが、独特のパワーとスピード感がありなかなか惹きつけられます。間奏のギターがイカしている「CrazyDoctor」やスピードがありながらバンドとして一体感も出ている「DreamFantasy」、泣きのバラード「アレスの嘆き」など・・・捨て曲なしです。

ただ難点は・・・・オリジナル版は歌詞が日本語でダサいこと。日本語の歌詞がダメなわけじゃないのですが、なんというか独特の雰囲気の歌詞を大真面目に歌われると笑ってしまいます。まあそういう人は英語版もありますので。
[PR]
by koshigayaliving | 2006-11-23 16:08 | 音楽
久しぶりの銀座
昨夜は会社同期4人で食事。
場所は銀座。
久々に銀座に行きました。
f0116832_9374398.jpg


職場が大手町だったころは飲み会なども銀座が多かったけど、職場の場所が移ってからはあまり銀座には来なくなったね。
久々の銀座も変わらずの風景。
行った店はグルメな友人推薦の餃子屋。
餃子とビールってのはこれまた格別に合いますな。
まさにマリアージュ。
[PR]
by koshigayaliving | 2006-11-23 09:41 | 日記
The 名盤 Char / Electric Guitar Concert
今日は久々に出社。
先週木曜、金曜と一家全滅により会社を休んでいたため久しぶり。
でも特に日々と変わらず、トピックもないので。
f0116832_20443961.jpg

Charを初めて聞いたのは大学に入ってすぐの頃。
バンドでコピーするのに最初はJLC/PinkCloudの曲を聞いた。
その後にPSYCHEDELIX名義の曲。
それまではHR/HMばかり聞いていたけど、こういう音楽もカッコ良いなと素直に思った。

Charのお勧めは多数あるけど、このLive盤が曲もいろいろ入っているし、プレーも熱いのでお買い得。特に1曲目のSmoky、NaturalVibration、闘牛士がカッコ良い。
Charはカッティングのタイム感というかリズム感が素晴らしい。
JLC/PinkCloudもカッコ良いけどPSYCHEDELIXやソロ名義も好きです。
スタジオ盤の普通のアルバムも良いけど、ライブのほうがよりカッコ良い典型じゃないかな。
学生の頃、コピーバンドでLiveをやったっけ・・・
[PR]
by koshigayaliving | 2006-11-20 20:55 | 音楽
The 名盤 Deep Purple / Burn
初めて作ったブログが面白いので、本日連続投稿。

f0116832_22111298.jpg

1974年、30年以上前のモノだけど古くささはまったく無し。
邦題が「紫の炎」って・・・「紫」は入れなくても良いんじゃないか?
DeepPurpleはIn Rock、MachineHead、Burnの3枚が名盤だけど、とりあえずこの1枚。

特筆は1曲目のタイトル曲。きっとロックを知らない人でも聞いたことがある曲だね。
初めて聞いたときは高校生の時だったけど、曲の出だしで鳥肌が立ちました。
リッチーブラックモアのギターも素晴らしいけど、デビットカバデールとグレンヒューズの叫ぶようなボーカル。グレンヒューズは歌いながらベースもリズム感のあるベースを弾いています。イアンペイスのドラムとジョンロードのオルガンも相変わらず素晴らしい。
すごいメンバーが集まり、そのメンバーの奇跡の一体感。

まあ2曲目以降はそれなり。

聞いたことのない人は是非。
タイトル曲を聞くためだけでもアルバム購入の価値があります。
聞くと鳥肌が立った後に体が熱くなります。
[PR]
by koshigayaliving | 2006-11-19 22:26 | 音楽
The 名盤 Alcatrazz / NO RAROLE FROM ROCK'N ROLL
f0116832_20452923.jpg

1984年、グラハムボネットと当時まだ無名だったイングヴェイマルムスティーンでの合作。
ギター、良い音してます。
最近これを聞いて、ストラトの音の良さを再確認。ギターとしてのバランスも良いのですが、特にシンクロナイズドトレモロが良い音出してる。
これと比べるとフロイドローズタイプはギターの音が死んでいます。

ギターの音の話は置いておいて、このアルバムも捨て曲なし。
特に「Jet to Jet」のイントロのリフのタイム感は素晴らしい。
他にもソロでのビブラートとか泣きのプレイに涙が出ます。
グラハムボネットの声もパワフルだしね。
是非ボリュームを上げて聞きたいアルバム。
[PR]
by koshigayaliving | 2006-11-19 21:07 | 音楽


検索
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧