俺はスイ。
by koshigayaliving
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<< Link >>
以前の記事
カテゴリ
タグ
(503)
(258)
(153)
(142)
(115)
(105)
(81)
(76)
(60)
(60)
(52)
(48)
(44)
(42)
(35)
(31)
(23)
(10)
(10)
(8)
ブログパーツ
ライフログ
ジャンク wingerとRacerX
とても暑く夏が戻った感じですが、安いジャンクを見つけたので。
ジャンクとはいえ結構買っているような気がしますが・・・。

Winger / In The Heart of The Young
RacerX / Second Heat

Wingerは1990年のセカンド。
昨年再結成でWingerとして4枚目のアルバムを出しましたが、やっぱり当時のWingerは勢いがあります。
レブ・ビーチのレガートやタッピングを駆使したプレーなんて、なかなか他には無い感じです。Ibanez系の薄いネックに高いフレットのギターで弾いているのが想像できます。当時メタル系の人はみんなJackson、Ibanez、Kramer系のギターを使っていましたが、その中でもレブ・ビーチは特にフィンガリングが滑らかだったと思います。
最近はWinger再結成やWhitesnakeとかちょっと前はDokkenとかいろんなところで見ることができました。
キップ・ウィンガーもこの頃は伸びのあるハイトーンで歌い上げています。そこに3度違いでコーラスを入れて。
曲も良いし、しばらくはヘビーローテーション。
調べるとWingerは来日するようす。

RacerXは笑ってしまう。
1988年にブルース・ブイエを入れたセカンド。ジャンクを集めていつの間にかRacerXは6枚目になりました。
ポール・ギルバートとブルース・ブイエのツインギターが笑ってしまうくらい正確というかサーカスでも見ているよう。
スウィープピッキングでツインギターで正確にハモっているのを聞くと、ギターではなく別の楽器のよう。笑ってしまう。
録音も安っぽい音なのが逆に笑える。
やはりRacerXはこの頃のアルバムがばかばかしくて笑えるので良い。
[PR]
by koshigayaliving | 2007-09-21 17:05 | 音楽
<< Audi 部品交換 iTunes Library.itl >>


検索
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧